ライフスタイルが変化するタイミングで階段のリフォームが必要になる事が考えられますが、階段リフォームするなら、どんなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?

階段は建築基準法でサイズが決められているため、安全面を考えるのであればリフォーム会社と相談しながらサイズを検討すると良いでしょう。

階段をリフォームするなら段差が少なくて勾配が緩やかで踊り場がある階段が理想的だと言われていますし、床材によっては滑りやすい可能性が考えられるため、滑りにくい素材を選ぶと良いでしょう。

夜間は足元が見えにくくなり転倒のリスクがあるため、照明を増やしたり設置するリフォームを行うのもオススメです。

あとは必要に応じて勾配を緩やかにしたり、手すりを取り付けるリフォームも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る