狭い家、リフォームで収納スペースを確保する方法とは?

家の収納スペースが少なくて荷物をあまり仕舞っておく事ができないと悩んでいるなら、リフォームして収納スペースを確保すると良いでしょう。

収納は、壁面収納や床下収納、ウォークインクローゼットやウォークスルークローゼット、屋根裏収納やシューズインクローゼットなど幾つか種類がありますので、目的や用途に合わせて追加しましょう。

部屋の壁面にデッドスペースがあるなら壁面収納を設置するのがオススメですし、廊下のスペースが余っているなら壁面収納や床下収納などを後付けする事もできるのです。

玄関の壁面を利用して、シューズインクローゼットを設置する事もできるでしょう。

マンションでリフォームする場合は、管理規約を確認したり、リフォームの申請と許可が必要になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る