断熱材を新しく入れるリフォームについては一度壁を取り外して断熱材をいれ、改めて壁を付け直すリフォームです。断熱材が入っていない住まいに新しく断熱材を入れる場合等に行います。
壁をいったん外しますので、工期は1か月以上になることも多く、費用も数十万~百万円となる可能性も高くなっています。

家の中に適温になった空気は、窓から外へ髭テ行きやすくなっていますので、窓側にサッシを入れて機密性を高めますと空気が逃げにくくなるかとおもいます。
断熱リフォームだけでなく騒音対策としてもとても効果が高いです。

外壁塗料を変えることも重要で、外壁塗料の進歩はすばらしく、現在は断熱効果の高い製品もあります。一般的な外壁塗料よりは高価ですが、断熱リフォームとしては安価ですむかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る