リフォームのことは分からないのでリフォーム会社にまかせようと思いリフォーム前からしっかりと確認せずにリフォームを開始してしまうと予想のリフォームとは違うといった可能性もあります。
トラブルをしっかりと回避するためにもリフォームが始まるポイントをしっかりと抑えておくことが重要です。

費用について契約書に記述されている当初の見積もり書と一致するかまたは大きく変わっていないかなどをしっかりと確認する必要が有ります。
引渡し日が予定されていた工期より遅くなってしまいますと、仮住まいの家賃も増えることになってしまいますので、完了日をしっかりと確認しておく必要が有ります。

完了になってイメージと違うということになってしまいますと思わぬトラブルが発生してしまいますので、しっかりとチェックしておいたほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る